2010年11月05日

ちーちゃん

     5 Nov 10.JPG

ちーちゃんが、お花になってしまいました。

ハルさんに喜んで報告していた退院もむなしく、10月1日に天国へ行きました。

ちーちゃんの日記を終わらせるのもつらいですが、このままもいけませんね。
あったことを書いておきます。

今年も日本の夏にあわせ、里帰りをしました。里帰りの前にちょっと体重が減っていたので、ロブ先生のところに健康診断へ行きましたが、問題無しと言われました。体重減も伝えましたが、特に気にも留められず。

これが日本へ出発の朝。

     10 Aug 10.JPG

何か言いたそうね。

で、帰って来ました。ただいまっ。

     8 Sep10 2.JPG

旦那様に可愛がってもらってたから、すっかりパパっ子になっちゃった。

相変わらず体重が少ないままでしたが、Scaleが壊れているのかな?位に思っていました。9月の末のある日、突然ちーちゃんがご飯を食べなくなったので、ロブ先生の病院へ。抗生剤を4日間注射されました。風邪かなー?だけで、原因を教えてもらえませんでした。わからなかっただけみたい。注射の度にご飯を戻すの。苦しそうで、涙が止まりませんでした。

4日目の受付のお姉さんがアドバイスしてくれた、鳥の専門の病院へ連れて行きました。専門医は、「太っているし、ウンチに血が混ざっている。ビタミンKを処方し、3,4日入院させましょう。食事とストレスでしょう」と。体重減にについても説明しましたが、「まだ、太っているから、35gまで減らしましょう。」と、有無も言わさず、入院となりました。

ちーちゃんは、ダイエットシードを食べているし、緑も毎日食べてるし、運動もしっかりしているんだけどな・・・。

でも、専門医だし・・・。

でもね、入院が4日のはずが、10日になり・・・。あまりにもおかしいでしょ?10日目でやっと原因がわかりました。メガバクテリアが見つかり、あと3日治療入院して、その後お家で治療しましょうと言われました。先生は原因が見つかり嬉しそうでしたが、私はショックだった。なぜ、4日目の段階で違う原因を疑わなかったのでしょうか?

私は4日目のときに、お家に連れて帰ってきたかった。週末はお家で・・・と頼みましたが、却下されました。

そして、12日目、帰って来る予定日の前日、病院から「ちーちゃんが死にました。」と。

はぁ????????

突然のことで、電話をする時間もなかったと。

はぁ????????????

専門医だし、彼を疑うと、もうここでは見てもらえる所はありません。
ロブ先生はいい人だったけど、原因を聞いても、答えられず、違う処方をしていて・・・。

先生たちが悪いわけではないし、できることを一生懸命してくださったのだと思います。私が最初から専門医に診てもらえば、ちーちゃんは無駄な4つの注射を受けなくて良かったし、無理にでもお家に連れて帰ってきたら、最後は私の手の中で死ねたかもしれない。

後悔ばかりが残ります。

ちーちゃんは知らないところで最後を迎えました。私たちに捨てられたと思ったかもしれない。

最近になり、やっとちーちゃんとの楽しい思い出を話せるようになりましたが、ちーちゃんはまだ怒っているかな?

寂しかっただろうな。つらい思いをさせてしまった。
ごめんね、ちーちゃん。

     8 Sep 10.JPG


ニックネーム モンキーフェイス at 11:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする